JANIS プロバイダーページ

●加入を検討されている方へ

●ヘルプデスクのご案内

  • 営業日 年中無休[年末年始を除く]
  • 営業時間 9:00~19:00[土・日・祝日 9:00~17:00]
  • フリーダイヤル IPフォン

IP Phone

JANIS Phone

JANISフォン よくある質問/JANISフォンおよびVoIP-TAについて


Q-1
JANISフォン通話中に一般電話回線から着信があった場合、発信側はお話中になりますか?
IP電話中に一般電話回線からの着信があった場合は、お話中にはならずに呼び出します。
 

Q-2
JANISフォンで通話後、受話器を置き忘れた場合課金されてしまいますか?
発信者側着信側どちらから切断しても通話は終了しますので、片側が受話器を置かなかったからといって課金されてしまうことはございません。
 

Q-3
JANISフォンは、これまでの電話サービスとどこが違うのですか?
VoIP技術により音声をIPパケットに変換し、JANISを経由して音声通話をご利用いただける、JANISの「IP電話サービス」です。従来と同様のダイヤル操作でご利用いただけます。
 

Q-4
通話の品質はいいのですか?
概ね携帯電話以上の品質が確保できると考えております。
 

Q-5
JANISフォンのサービス対象外となるのは、どこへ掛けた時ですか?
110/117/119番などの3桁番号サービスなどへの通話。
0120/0570/0990などではじまる番号への通話はJANISフォン対象外となり、一般電話網で繋がります。
意図的に"0000"(ゼロ4つ)を付加した場合。
(通話料は、これまで通りお客様がご契約の電話会社から請求されます)
 

Q-6
ナンバーディスプレイまたはキャッチフォンに対応していますか?
・ナンバーディスプレイ、キャッチフォン両方に対応しています。(一部電話機は除く)
 VoIP-TA側の設定を変更いたします。
1.   webブラウザを起動し、「http://192.168.0.1/」を入力し、「ENTER」キーを押す。
2. 管理画面にログインします。 (詳細はマニュアルを参照)
3.   メニューの「IP電話設定」 > 「電話基本設定」をクリックします。
4.   ナンバーディスプレイ対応にする場合は、「あり」を選択します。

5.   キャッチフォン対応にする場合は、「あり」を選択します。

6.   「電話基本設定」の「OK」ボタンを押します。
7.   「設定を保存しリブートします」を選択し、「OK」ボタンを押します。
    ※ 不明な点等ございましたら support@janis.or.jp までご連絡下さい。
 

Q-7
JANISフォンで、サービス対象に発信しているのにサービス対象外となり、通話料がかかってしまうのは、どのようなケースですか?
(IP電話で発信しているはずなのに、NTT、KDDIや日本テレコムなど他の電話会社から請求が来るのはどのようなケースですか? )
以下の場合は、自動的にお客様がすでにご契約されている通信事業者の一般加入電話サービスに切り替わり発信します。この場合、お客様がご契約の電話会社から通話料が請求されます。
(1)ADSLモデムまたはVoIP-TAが正しく接続・設定されていない及び電源が入っていない場合。
(2)その他通信設備やネットワークのトラブル。
(3)非通知発信の場合。
(4)お使いの電話機にACR(LCR)機能があり、その機能が有効になっている時。
 

Q-8
JANISフォンに加入すると、現在使用しているNTTの電話番号が変わってしまうのですか?
同じ電話機で、NTTの電話番号とJANISフォンの電話番号を併用します。
 

Q-9
JANISフォンから携帯電話に、電話を掛けることはできますか?
携帯電話・PHSへはJANISフォンとして掛けることができます。
 

Q-10
市販のIP電話機能付きTA(VoIP-TA)でJANISフォンが使えますか?
いいえ、使用できません。こちらからレンタル、もしくはお買い上げいただくVoIP-TAには、JANISフォン専用の設定がされていますので、たとえ同じ機器でも使用できません。
 

Q-11
電話機は専用のものに変えなくてはいけないのですか?
現在ご家庭などでご利用中のアナログ電話機をご利用いただけます。

ISDN専用端末など、ご利用いただけない機器がございますのでご了承ください。
また、電話機におきましては、電気通信事業法により義務付けられた承認表示マークが無い電話機(外国製電話機等)をご利用の場合、JANISフォンサービス対象外となる場合がございますのでご注意願います。
 

Q-12
複数の電話機を接続して利用できますか?
4ch(4回線)VoIP-TAに接続できる電話機は4台までとなっています。※現在未提供
1ch(1回線)用VoIP-TAに接続できる電話機は1台までですが、コードレス子機と本体親機というような使い方の場合はご利用いただけます。
 

Q-13
FAXは使用できますか?
FAXの送受信は可能ですが、一部FAXの機種等によっては正常に送受信されない場合があります。ご利用いただけない場合には、電話番号の先頭に"0000"(ゼロ4つ)を付加して一般の電話網によりご利用下さい。
 

Q-14
パソコンがないと使えないのですか?
『JANISフォンサービス』をご利用いただくためには、パソコンからVoIP機能の基本設定をしていただく必要がありますので、パソコンが必要です。
 

Q-15
パソコンでホームページ゙閲覧やファイルダウンロード中でも電話できますか?
はい。同時にご利用いただけます。
 

Q-16
電話をしながらインターネットに繋いだ場合、速度はどうなりますか?
JANISフォンを使用すると約120Kbpsぐらい取られますので、インターネットはその分遅くなります。
 

Q-17
VoIP-TAのリセットボタンを押してしまいました。問題がありますか?
IV-111Sの場合、リセットボタンを押して設定が消えても、再度設定することでご利用可能です。
 

Q-18
現在ルータ使っています。VoIP-TAの設定はどのようにしたらいいですか?              
VoIP-TAの設定は、ルータのLAN側に設定されているアドレスにより方法が異なります。詳細は下記をご覧下さい。
  1. VoIP-TAを設置する前の環境(パソコンに振られているIPアドレス)を確認します。
    【IPアドレスの確認方法】
    WindowsVista,7,8の場合:「ipconfig」を「コマンドプロンプトを開いてから実行」から起動。

  2. 上記で確認した、現在パソコンに振られているIPアドレスの体系に基づき、次の作業を行います。

    ●現在のパソコンに振られているアドレスが192.168.0.x(xは任意の数字)のアドレス以外の場合
    ルータのWAN側のアドレス設定をDHCPに設定します。(バッファロー(メルコ)製のAirstationはこれに該当。)
    パソコンをVoIP-TAに接続して設定を行います。
    VoIP-TA設定後ルータとモデムを接続しているケーブルをルータ側(WAN側)を抜きVoIP-TAのWANに接続します。
    VoIP-TAに付属のケーブルでVoIP-TAのLANとルータのWANを接続します。

    ●現在のパソコンに振られているアドレスが192.168.0.x(xは任意の数字)のアドレスの場合
    VoIP-TAとルータのアドレス体系が重なってしまうため、以下の方法で設定を行います。
    【方法その1】
    ルータのLAN側のアドレスを192.168.0.1以外に設定します。
    DHCPでパソコンに振り分けるIPアドレスもルータのLAN側に設定したネットワークのアドレスと同一にします。
    例:ルータのアドレスが192.168.1.1と設定した場合、DHCPでパソコンに振り出すアドレスは
    192.168.1.2~192.168.1.254までとなります。
    【方法その2】
    ルータの設定はそのままとし、ルータに設定してあるデフォルトゲートウェイのアドレスをVoIP-TA本体のアドレスに設定し、VoIP-TAのDHCPの設定も上記で設定したネットワークと同一にします。
    例:ルータのデフォルトゲートウェイのアドレスが172.21.142.254であれば、VoIP-TAのLAN側のアドレスを172.21.142.254と設定し、DHCPでパソコンに振り出すアドレス範囲を172.21.142.1~172.21.142.254(ルータに設定されているIPアドレスは除く)とします。
※上記の方法は、IPアドレスを追加せずにルータを使用する際の設定方法です。IPアドレスを追加すると月々の支払いは増しますが、設定はルータ、VoIP-TAそれぞれに作用しないため、上記に比べ簡単に行えます。IPアドレスを追加した場合の接続形態は、 「JANISフォン宅内配線図ページ」の電話以外の通信はVoIP-TAを経由しない形態、接続パターン2のようになります。
 

Q-19
VoIP-TAの故障などは何処に連絡すればいいですか?
JANISへご連絡ください。故障の場合には、代わりのVoIP-TAをお送りいたします。
 

Q-20
『JANISフォンサービス』が利用できないのですが?
・インターネットはご利用できますか?
・VoIP-TAの電源を一度切り、再度電源を入れ直してもJANISフォンサービスがご利用できないですか?
・ケーブルが外れていたり、配線方法に誤りはありませんか?
・ACR(LCR)機能が有効になっていませんか?

などご確認ください。
もし、ご不明な点がありましたら、JANISネットまでご連絡ください。
 

Q-21
『JANISフォンサービス』は停電時にも利用できますか?
ご利用いただくことはできません。しかし、従来どおり、一般電話網での通話は可能です。その際の通話料金は、ご利用の電話会社からの請求となりますので、予めご了承ください。
 

Q-22
ご利用案内通知書を紛失してしまいました。どうすればいいですか?
JANISまでご連絡ください。郵送いたします。
 

Q-23
VoIP-TAのコンセントはたこ足配線して繋いでも大丈夫ですか?
VoIP-TAをタコ足配線で接続した場合、電圧が不安定で動作不良の原因となりますので、壁のコンセントより 直接つなぎ、ご利用してください。(電圧が必要ですので、電圧が不安定な所にはつながないでください)
 

▲TOPへ戻る